★お知らせ★
現在、一部の動画が読み込みに入ったまま再生できない場合があります。大変お手数ですが、右上のDownloadボタンをクリックして、さらに「規約に同意してファイルをダウンロードする」をクリックしてもらえば見られるはずですので、よろしくお願いします。




2012年05月26日

objファイルをインポートする Blender2.6

 Sweet Home 3D 3.5(以下SH3D)で、せっかく作ったマイミュージックルーム、もうちょっときれいなレンダリングで見てみたくなりました。
 そこで、SH3Dから一旦objファイルにエクスポート(メニュー>3Dビュー>OBJ形式でエキスポート)し、Blenderからインポートしてみました。
 ところが、おかしなことになるではありませんか。壁しか見えないので視点をズームアウトしていくと部屋の全体像が見えてくるのですが、端の方から消えていきます。
 その後、何度もやり直してみて、以下のようにして何とかインポートできました。

<objファイルをインポートする>
1objyomikomi.jpg

<Inportの設定をいじる>
 何のことか分かりませんが、Clamp Scale という数値を30.00前後にすると正確にインポートできました。意味は分かっていませんが、結果オーライです。
2objclamp.jpg

<Blenderでレンダリングしてみる>
 きれいな絵が出てきました。
MyMusicRoom001.jpg

<記念撮影>
 出来上がった音楽室にロボおじさんに来てもらい、記念撮影。
 題して、

 専用のミュージックルームを作ってもらい、ご満悦のロボおじさん
MyMusicRoom002.jpg

<備考>
 これだけの部屋を1から作ろうとしたら大変です。楽ちん、楽ちん。SH3Dの操作性の良さ、簡単さは卓越しています。Blenderもこういうソフトだったらいいのになぁわーい(嬉しい顔)
---------------


posted by iZo Arts at 17:05 | Comment(0) | Blender 自分流マニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Copyright 2011- iZo Arts
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。